Contents


Link

日本大学

日本大学 生物資源科学部

富士宮市

吉永義信文庫

活動内容(研究)

【モリアオガエル】
植物資源科学科 造園緑地学研究室

 センター内の小池にはモリアオガエルが生息しています。本種は静岡県レッドデータブック記載種(準絶滅危惧)となっており、生息地も含めた保全の必要があります。
 産卵場所は池の上部に張り出した樹木の枝が選ばれ、メスは自ら作った水泡の中に300~500個程の卵を産みます。孵化した幼生(オタマジャクシ)はそのまま落下して池で成長していきます。
 地域によっては比較的多数の個体が確認されますが、産卵場所の選定にどの様な環境条件(気温・湿度等の気象条件、枝の張り出し具合・樹種・高さ等の繁殖地条件、他の個体との競合条件)が関わってるかについては、未だ不明な部分が多い種です。本種が生息し、繁殖可能な小池を人為的かつ積極的に保全、創出していくためにも、これらの環境条件の解明が必要です。現在、センターでは植物資源科学科の卒業研究としてこれらのテーマに取組んでいます。

【湿地・湿原における水収支、植生管理のあり方に関する研究】
(学部学術研究助成:研究代表 植物資源科学科 勝野武彦教授)

湿地・湿原  近年減少が著しい水辺や湿地の保全に資することを目的として、センターの研究湿地や周辺地域において、湿地・湿原に生育・生息する動植物の生態学的特性やその存立条件を調査研究しています。主に動植物の種組成、開花植物における訪花昆虫の状態、水分条件の測定等を行い、湿地・湿原の維持管理手法を探っています。

【センター及び田貫湖における鳥類の生息状況について】
(植物資源科学科 葉山嘉一准教授)

鳥調査  定期的にセンター及び田貫湖のラインセンサス調査を実施し、生息する鳥類の種組成、繁殖状況、渡り時期等について調査研究を行っています。

【草原性動植物の保全学的研究】
(富士自然教育センター 黒田貴綱技手)

草原  全国的に草地環境の減少が懸念されていますが、センターや富士宮市北部の朝霧高原には、まとまった草地・草原が成立しています。ここには草地に特異的に生息する動植物(主に小型哺乳類や昆虫類)が生息しており、希少種も確認されていることから、その積極的な保全策の検討が求められています。草地は除草や野焼きといった人為管理が欠かせないことから、これら管理手法と動植物の保全について調査研究を進めています。

【センターにおける哺乳類の生息状況と生息環境】
(富士自然教育センター 黒田貴綱技手)

哺乳類  センターには多様な環境が存在し、それらを利用して様々な動植物が生息・生育しています。その中でも哺乳類に着目し、種組成と主要な生息環境について調査研究を行っています。調査は目視、フィールドサイン、センサーカメラ等により実態把握を行っています。


活動内容(外部協力)

【一社一村しずおか運動】

 2011年よりセンター近隣の半野・佐折地区において活動する「天子ヶ岳の郷保存の会」と「一社一村しずおか運動」の協定を結んでいます。
 農山村の地域資源を利活用することにより、労力と人材の提供を行う一方で、実地的な農業体験学習の機会を得ています。また農山村の地域資源や情報に関し、学術的な調査研究の場としてその提供を受けることにより、持続可能な農山村環境の整備や自然環境保全等に関する知見を得ることも目的としています。以上の双方にメリットのある協働活動により、良好な農山村環境の保全と地域活性化の実現を目指しています。

【富士宮市環境フェア】

環境フェア  センターが行っている様々な環境に対する取組みについて、富士宮市主催の環境フェアに出展し、発表を行っています。主に毎年春に2日間開催され、市内の教育機関、関連企業、NPO、団体等が参加しています。

【ふじ食農体験交流協議会】

食農  「ふじ食農体験交流協議会」は、富士山岳南地域の農林漁業者、教育関係者、保護者、行政が連携し、自然と触れ合うことで命や食の大切さを学ぶ食農体験学習を提供する団体です。
 本学部からも関係教職員が参画していますが、FNECでは毎年秋に行われる「いのちと食を考える集い」のメイン会場として、積極的に協力を行っています。

【ドング林プロジェクト】

ドング林  フィールド実習における「どんぐりキューブ作製実習」を受けて発展したもので、「NPO法人緑の大地会」との共同プロジェクトとして、センターにおける里山保全活動を継続的に行っています。
 樹林地に一定の管理を施すことで、二次的自然に依存する里山の動植物の生育・生息を図り、それらを有効活用し、教育・研究的効果を挙げることを目的としています。
 関連リンク: 緑の大地会HP

【野焼ボランティア】

 静岡県富士宮市北部に位置する朝霧高原は、スカイスポーツや酪農の場として利用されていますが、その一角にはススキを中心とした広大な草原があります。
 この草原は、地元根原区の住民により、古来より毎年野焼きを実施することで二次的自然環境が維持されてきました。しかし、労働力の不足、高齢化等に伴い、野焼きを継続することが困難な状況となり、一部では野焼きが中止され、雑木が優占する状況となりました。
野焼  このため市では、放置された草原に地元根原区民とともに野焼きを復活させる計画を立て、初年として平成20年4月には約20ヘクタール、平成21年4月に約40ヘクタール、平成22、23年4月に約52ヘクタールの草原の野焼きを実施してきました。
 生物資源科学部では、初年度から延焼防止のボランティアとして学生が参加しており、草原の再生、火入れに伴う生物の動態変化等の研究地としても活用させていただいています。


― ひとつ前に戻る ―

inserted by FC2 system